倒置構文 -英語教室 #10-

倒置構文(inversion)
通常、英語の語順は<主語 +(助)動詞>ですが、述語動詞や目的語、補語、副詞語句などが主語の前に
置かれることがあります。これを『倒置』といいます。

強調のための倒置
文の一部を強調したい時にその部分を文頭に置くことがあります。その場合は語順が<動詞 + 主語>や
<助動詞 + 主語 + 動詞>となることが多いです。

<副詞(句)を文頭に出す場合>
方向や場所などを表す副詞(句)を文頭に置いて、<副詞 + 動詞 + 主語>の語順にします。
主語が代名詞の場合には倒置はせずに<副詞 + 主語 + 動詞>となります。

Away went the man at full speed.
(その車は、全速力で走り去った。)
  ⇒ The man went away at full speed.

 

Down came the rain.
(雨が降ってきた。)
  ⇒ The rain came down.

<否定語を文頭に出す場合>
否定的な意味の言葉を文頭に置いて、<否定語 + 動詞 + 主語>の語順にします。
現在と過去の一般動詞を含む文の場合は、<否定語 + do (does / did) + 主語 + 動詞」となります。

Never in my life have I been to Japan.
(生まれて一度も日本に行ったことがない。)
  ⇒ I have never been to Japan in my life.

 

Little did I dream that my brother would become a doctor.
(私の弟が医者になるなんて、夢にも思わなかった。)
  ⇒ I little dreamed that my brother would become a doctor.

<補語・目的語を文頭に置く場合>
補語や目的語を文頭に置き<補語or目的語 + 動詞 + 主語>の語順にします。
主語が代名詞の場合には倒置はせずに<補語or目的語 + 主語 + 動詞>となります。

Great is the power of love. 【補語】
(愛の力は実に大きい。)
  ⇒ The power of love is great.

 

Not a single sound could we hear. 【目的語】
(物音ひとつ聞こえなかった。)
  ⇒ We couldn’t hear a single sound.

慣用による倒置

<”so, neither, nor” 「~もまた」>
All the windows were locked, and so were the doors.
(窓は全部鍵がかかっていたし、ドアも鍵がかかっていた。)
  ⇒ All the windows were locked and the doors were locked.

 

He doesn’t like carrots, and neither do I.
(彼は人参が嫌いだ、私もまた嫌いだ。)
  ⇒ He doesn’t like carrots. I don’t like carrots, either.

 

The tale is so long, nor have I read it all.
(その物語はとても長くて、最後まで読んだことがない。)
  ⇒ The tale is so long and I have never read it all.

<仮定法でifを省略する場合>
if を省略する場合は、<Were (Should / Had) + 主語>の語順となります。

Were it not for him, the project would be failed.
(彼がいなければこの計画は失敗していただろう。)
  ⇒ If it were not for him, the project would be failed.

 

Should it rain tomorrow, the plans will be canceled.
(もし明日雨が降ったら、予定は中止になる。)
  ⇒ If it should rain tomorrow, the plans will be canceled.

 

投稿者:

Yuka

Yuka - English Practice Team 1 (Grammar and Vocabulary Building)