明鏡塾 AEP(A1) 未来形 will と be going to の違い

English Practice

★ 基礎Ⅰレベル(TOEIC ~600点 / 英検2級)

Today’s theme is “the future tense (未来形)”.
Here are examples.

☆  ☆  ☆

< Examples >
(1) She will take his advice.   彼女は、彼の助言に従うだろう。
(2) She is going to take his advice.   彼女は、彼の助言に従うつもりだ。

< Explanation >

和訳はどちらもよく似ていますが、話者が「きっとそうなる」と思っている時は、(1)の助動詞”will”を使います(話者の意思)。また、他に客観的な未来を述べる時にも”will”で表します。一方、主語に当たる人が「何かをすると決めている時」には、(2)の”be going to”を使います(主語の意思)。

☆  ☆  ☆

 

Let’s learn it together!! (^-^)