NHK「入門ビジネス英語」(副教材)

English Practice, etc

明鏡塾の英語の勉強会のクラスとNHK英語レベルの対応表です。
学ぶ英語から使う英語を目標に2012年春より以下のようになっています。

NHK英語レベル 新しいレベル設定の説明 明鏡塾
難しい




易しい
C2 レベル あらゆる話題を理解して、細かい意味の違いも表現できる A4
C1 レベル 複雑な話題を理解して、明確で論理的な表現ができる
B2 レベル 社会生活上の幅広い話題を理解して、自然な会話ができる A3
B1 レベル 身近な話題を理解して、意思と理由を簡単に表現できる A2/A3
A2 レベル 日常の基本表現を理解して、簡単なやり取りができる A2
A1 レベル 日常の簡単な表現を理解して、基本的なやり取りができる A1
A0 レベル ごく簡単な表現を聞き取って、名前や年齢を伝えられる

出典:NHK英語グランドデザイン2012、CEFR、明鏡塾「英語の勉強会」運営規程A1-A4

5月以降の英語の勉強会では副読本にNHKラジオ「入門ビジネス英語(関谷先生)B1レベル」をお勧めしています。4月23日現在発売中の5月号(5月7日~6月2日)は4つの必須スキルの全てにおいて実務に即活用できる優れモノです。税込380円で一ヶ月勉強できますので、本当にリーズナブルですね。杉田先生の実践ビジネス英語と併せて一生懸命に勉強すれば、数年で結果が出ると思います。経験者のブラッシュアップにも最適です。(塾長談)

NHKラジオ放送と共にインターネット経由でパソコン・スマホ等でも番組を聞くことができるので便利です。(事務局)

○入門ビジネス英語(B1レベル)

明鏡塾 英語の勉強会(月曜夜)に参加される皆さんが目標とされるレベルは”CFER
B1″と呼ばれるものです。これは、身近な話題を理解して、意思と理由を簡単に表現できるというもので、初学者が仕事や生活の実務に役立つ実用レベルと言えます。CEFR基準では、このレベルに到達しますと、日常会話ならだいたい理解できる、海外旅行中に様々な対応ができる、簡単な内容ならば首尾一貫した文章を作成できるとなっています。(CEFR:欧州言語共通参照枠)

明鏡塾ではA2クラス及びA3クラスの一部について、この「入門ビジネス英語」を副読本・副教材としてお勧めしています。異文化コミュニケーションの初段では、大学受験のような難しい文法や語彙を使わず、実用的な言い回しや用法を確実に習得することが大切です。明鏡塾では長年の経験を踏まえ、これを実効性の高いコミュニケーションスキルのための英語学習(Active
English Practice)と位置づけています。

コミュニケーションをスムーズに進めること、相手の真意を容易に把握すること、こちらが伝えたいことを正確に伝えることを何よりも大切にしています。必要最低限の文法と語彙は習得しなければなりませんが、言い回しや用法の新知識の吸収と併せて、実践的に練習を積むことによって語学は自分のものとなっていきます。明鏡塾ではそのような勉強スタイルにも配慮しています。