前置詞(2)

文法

★ 基礎Ⅰレベル(TOEIC ~600点 / 英検2級)

前置詞の第2回目です。
今回は、from / to / for の基本イメージや用法を見てみましょう(^^)/

from :「~から」

動作の起点や出発点、時間や数量などの起点を表します。起点(from の後ろの名詞)から「離れていく(分離)」というイメージがあります。そのイメージが派生して、出身、起源、原因も表すことができます。

 She came from Australia.
彼女は、オーストラリアからやって来た。
The national museum is a 15-minute walk from here.
国立博物館へは、ここから歩いて15分です。
 Mike goes to school from Monday to Friday.
マイクは月曜日から金曜日まで学校に行きます。
I will go out from 2 p.m. today.
今日は、午後2時から出かけます。
His mother is from France.
彼の母親はフランス出身だ。

from を使って、「原料」を表すこともできます。
be made from ~ :「~から作られた」
⇒ できたものを見ただけでは、何でできているか分からない場合に使います。

 Cheese is made from milk.  チーズはミルクから作られる。
Paper is made from trees.  紙は木から作られる。
to :「~に向かって」

動作の方向や到達点、目的地を表します。また、to の後ろに物や人など動作の対象、受ける相手を置くこともできます。

 She went to the library after school.
彼女は放課後、図書館に行った。
Could you pass it to him?
彼にそれを渡してあげてくれませんか。

不定詞にも to を使います。混同してしまいそうですね。しかしこの場合は、例文のように必ず to の後ろに動詞の原形が続くので、見分けることができますよ。(^_-)-☆

I woke up early to catch the first train.
始発の電車に乗るために早起きをした。
for :「~に向かって」

基本的に「方向」や「期間、範囲」の意味を持っています。to の意味とよく似ていますが、少しニュアンスが違います。 for は、どこか、何かを「目指して」「目的として」というイメージです。

 This train is bound for Kyoto.
この電車は京都行きです。(京都へ向かいます。)
He left for Paris last week.
彼は先週、パリへ向かって旅立った。

例文の場合、単に目的地に向かっているという意味で、この時点では実際に到着したかどうかは分かりません。

 I stayed in London for three days.
私はロンドンに3日間滞在した。

こちらは、「3日間ずっと」ロンドンにいたことを表します。

他にも、意味を広げてこんな使い方もあります。(^^)/

〇「対象」
I’m looking for her. 彼女を探しています。
〇「目的・利益」
This is a birthday present for you. これは君への誕生日プレゼントだよ。
We went out for a drink last night. 昨晩、私たちは飲みに出かけた。

 

文法

Posted by Yuka