関係詞の限定用法と継続用法

★ 基礎Ⅰレベル(TOEIC ~600点 / 英検2級)

今回は関係詞。その中でも文章の意味を間違えやすい用法を解説します。

Mr. Watson has a daughter who became a doctor. [限定用法]
Mr. Watson has a daughter, who become a doctor.
[継続用法]

上記は2文とも新聞や書籍でよく見かける形式だと思いますが、意味が全く違います。

上の文は、「ワトソンさんには医者になった娘が一人いる。」という意味です。この文だとワトソンさんには他にも娘さんがいるかもしれません。ともかく、最低限一人は娘がいて、その人は医者になったということです。

もう一つの文は、「ワトソンさんには娘が一人いる。そして、その娘は医者になった。」という意味です。ワトソンさんにはたった一人だけ娘さんがいるということです。

このように、限定用法は、先行詞の内容を限定して、どんな娘なのかを記述しています。

一方の継続用法は、一旦完了した文に付加して、娘さんのことを述べています。

継続用法では、コンマは必須であり、関係詞を省略することはできません。また、継続用法では、that は使えません。

これらの2文は一見同じですが、コンマが有るか無いかで意味が随分変わってきますので、違いに注意しましょう。

限定用法は制限用法、継続用法は非制限用法とも呼ばれます。昔学んだ人は、こちらの用語の方が、聞き覚えがあるかもしれません。

[練習問題]1.私の叔母は黒い猫と白い猫を飼っている。
My aunt has the cats which one is black, the other is white.
2.私の叔母は猫を二匹飼っている。それは黒い猫と白い猫だ。
My aunt has two cats, which one is black, the other is white.

※問題文の下の行をマウスでなぞると答えが出てきます。


 
 

文法

Posted by O&M