助動詞 must / have to

★ 基礎Ⅰレベル(TOEIC ~600点 / 英検2級)

 

must と have to は共に「~しなければならない」という意味があります。学校では両者が書き換え可能だと習うと思いますが、実はこの二つ、少しニュアンスが違います。('◇’)ゞ

must

 

主に義務「~しなければならない」や確信「~であるはずだ、~に違いない」という意味を持っています。これからも分かるように、must には「必然性」や命令形に似た「圧力」のイメージがあります。また、 must は自分で決心するなどして自発的に「~しなければならない!」と思ったときに使います。

I must study English hard to pass the exam.
私はその試験に合格するために、一生懸命英語の勉強をしなければならない。

※この場合 must は現在の時制でしか使えません。
過去のことを表すときは、
I had to study English hard to pass the exam.
未来のことを表すときは、
I will have to study English hard to pass the exam.

You must be kidding (me)!
冗談でしょう!(あなたは冗談を言っているに違いない。)
have to

 

must と同様に「~しなければならない」という義務の意味で使いますが、 must よりも柔らかい表現です。後ろには動詞の原形を続けます。三人称単数現在のときには、 has to となります。それぞれの発音( have [hæf], has [hæs] )にも注意しましょう。(^^)/ また、 must と違い、周囲の状況や自分以外の人からの働きかけによって、「~しなければならない」というときに使います。

I have to go now.
もう行かないといけません。
She has to finish her homework by tomorrow.
彼女は明日までに宿題を終わらせなければならない。

must と have to の文章を否定文にすると、違いがよく分かります。(^^♪
must は「禁止」、 have to は「不要」であることを表します。

You must not go to school today.
今日は学校に行ってはいけません。
You don’t have to go to school today.
今日は学校に行く必要はありません。(行かなくてもよい)

 

スポンサーリンク

文法助動詞

Posted by O&M