短文精読(1)

★★ 基礎Ⅱレベル(TOEIC 600点~730点)

The first, long-awaited, duty-free shop opened in 2015 at Shinbashi had been held up only after a year. Yamada said nothing about this short-term failure of the shop, but it seems that Yamada pulls out of duty-free retail businesses for Chinese visitors. It takes on a reality that shopping spree comes to an end.

昨年、満を持して新橋に出店した免税店は、僅か1年で頓挫していました。ヤマダ電機は、今回の事業の失敗について何もコメントしていませんが、訪日中国人向け免税店事業からは撤退するようです。爆買ブームも終焉の様相です。

解説

主語は the shop ですが、前に同格の形容詞が三つ並んでおり、後ろから形容詞句が修飾しています。「僅か一年」という意味合いが強調されるよう only after が入り、一年やってみてはじめて分かったということが読み取れます。「そっと閉店していた」という意味で敢えて過去完了形を用いています。

ヤマダ電機としては、訪日中国人の旺盛な購買意欲に押されて、そのような大型の免税店を出店したのでしょう。残念ながら事業を断念するようですので、(公式見解が表明されたわけではないですが、そのように思える客観的事実があるということで) said nothing about -, it seems that のような構文が使われています。非常に微妙なニュアンスを伝えていますね。背景を日本語で事前に理解しているとよく分かります。

short-term failureは、短期間で(認知された)失敗ということです。pull out of は軍隊などの駐屯を止めて、その地域(または作戦)から撤退するという意味です。経営学でもよく出てきます。

it takes on reality that の構文も話し言葉・書き言葉両面でよく使います。~の様相を呈していると訳しますが、徐々にそのようになっていく様子が感じ取れるでしょう。shopping spree は時事用語で「爆買」の定番です。come to an end は、終息に向かう、終焉を迎える、まもなく終了する等、変化の様子が色濃く出ています。an end を他の語句に置き換えると様々な用途で活躍する言い回しです。

Words and phrases
long-awaited 待望の
hold up 手を上げる、頓挫する
failure 失敗
only after ~してはじめて
pull out of 撤退する
retail 小売り
take on a reality 現実味を帯びてくる
spree ばか騒ぎ
come to an end 終息に向かう