英作文のために覚えておきたい慣用表現や構文(1)

★ 基礎Ⅰレベル(TOEIC ~600点 / 英検2級)

英作文では自分の実力の真価が発揮されると言われています。会話が少しできても、自分の経験や知識レベルに見合った文章を書くのが苦手という人は多いのではないでしょうか。作文の際、どんな語彙や構文を選択するかは、大学(院)生や社会人の方にとっては信用にも関わる大切な問題です。今回は、初級の作文の際に使える(使い勝手の良い)表現や構文をご紹介します。ご自身で何度か例文を書いてみて、納得の上で例文をいくつか覚えると、作文の際に自然に文章がひらめくようになると思います。(表現や構文は英検3級、例文は準2級レベルくらいです)

now what 今となっては~だから
Now what you are the front engineers, we believe that you all do your best for saving the situation.
君たちは今や第一線の技術者ですので、君たち全員が事態の収拾に最善を尽くすことと我々は信じています。
It cost 誰 いくら to不定詞 ~するのにいくらかかる(出費を強いる)
We’re now worrying that it cost us at least $30,000 to have our house repaired by the best price builder.
最安の建築業者でも私たちの家を修理してもらうのに少なくとも3万ドルはかかることが私たちの今の心配の種だ。
as far as ~する限りにおいては
The next board of directors will approve the new business plan, as far as the president of our company concedes it a sound investment.
社長がその事業を健全な投資であると認める限りは、次の役員会で新しい事業計画は承認されるでしょう。
cannot … too ~ いくら・・・しても~し過ぎることはない
You cannot be too careful.
用心に越したことはない。念には念を入れよ。石橋を叩いて渡る。
You cannot study too diligent if you challenge hard-to-get-into universities.
難関大学に挑戦するなら、いくら勉強しても勉強し過ぎるということはない。
cannot help ~ing ~せざるを得ない
I couldn’t help donating some money to the welfare facility as a regional philanthropy.
地域の社会貢献の一環で、福祉事業所にいくらか寄付せざるを得なかった。
be worth ~ing ~する価値がある
These papers and journals are worth reading to accomplish your graduating thesis.
君の卒業論文の仕上げに、これらの論文や刊行物は読む価値がある。

It’s worthwhile to ~ も同じ意味になります。

used to 不定詞 ~したものだ(常だった) → 今はしていない
We used to ride on horses together since we had gotten along well with each other.
お互い馬が合って、昔は一緒に乗馬したものだ。