英作文のために覚えておきたい慣用表現や構文(4)

構文, 語彙・イディオム, 定番表現TOEIC 600, 慣用表現, 構文, 英検2級

★ 基礎Ⅰレベル(TOEIC ~600点 / 英検2級)

take account of ~を考慮に入れる、斟酌(しんしゃく)する

You have to give him any instruction with taking account of his ability.
彼の実力を勘案した上で指導してください。

take — into account も同様の意味で使われます。

His ability should be fully taken into account when you give him any instruction.
指導の際は、彼の能力が十分に考慮されますよう。
(彼の実力に見合った指導が為されますように)

他にも同様の意味の表現として、allow for や make allowances for などもあります。ご自身で、例文を作ってみてください。

to the point 的を得た(射た) / beside the point 的外れな

Good question. Your remarks are really to the point.
いいところを衝いてきましたね。ご指摘はまさに的を射ております。
I’m afraid that it’s a little beside the point.
的外れな質問かと存じます。

論文発表などで、It’s a good question. とよく聞きますが、これは「良い質問ですね」ではなくて、「痛いところを指摘しましたね」です。その上で、指摘されたことは論点(例えば、その研究で解明したい件)などであり、それについて私の知る限りお答えしますというとスタンスだとスムーズに応答が進むと思います。

反対に、折角説明しているにも関わらず、本論とは違う枝葉末節に話が飛んでしまった際、(実際に言うかどうかは別問題ですが)的外れ、あるいは、道筋が逸れたということを伝えるには beside (off) the point が使われます。社内会議、学校内での発表も同様です。

catch up with 追いつく / catch up on 遅れを取り戻す

Will she catch up with her son to hand a lunch box?
彼女は息子に弁当を渡せるだろうか。(渡すために追いつけるだろうか)
I must catch up on my study because I’ve been behind the schedule.
予定より勉強が遅れているので、はっぱをかけなければ。(取り戻さなければ)

試験問題でも会話でも頻出です。

catch up with(toでも可)= overtake 追いつく、catch up on = recover 取り戻すと覚えましょう。

この機会に似たような表現である come up with 「追いつく、考えを思いつく」、keep up with 「遅れないようについていく」も一緒に覚えましょう。

I have come up with a good idea for the feature of our school festival.
文化祭の出し物について、いいアイデアを思いついたんだけど。
Important!: keep up with rangers for your safety during the back country ski tour.
スキー場外でのツアーの際は、必ずレンジャーに付いていってください。

back contry ski は、スキー場の外(管理区域外)の森林などで行うスキーです。最近、流行っていますが、事故も多いのが実情です。レンジャーは、森林公園などを管轄する管理人(バックカントリーツアーの案内人も兼務する場合がある)です。米国では、警察官のような一定の権限を持っています。

TT&T: Do you have the time? は構いませんが・・・

閑話休題 ほっと一息 日常使いの英語の落とし穴のコーナーです。

Do you have time?
Do you have the time?

上記の二文は似て非なるものです。あなたがチャラ男(娘)ではないなら、上の文を人に言えば、間違いなく疎外感を味わうことになります。上の文は、ナンバで「遊ぶ時間ある」のような意味です。夜の街角で立っている人とか・・。

下の文は、「時間を持っているか=時間を教えていただけますか」という意味です。大違いですね。

ちょっとしたことかもしれませんが、トリビアの部類のものではありません。まず、間違える人はいません。