英作文のために覚えておきたい慣用表現や構文(6)

★ 基礎Ⅰレベル(TOEIC ~600点 / 英検2級)

2019年2月8日

昨日は立春 (the first day of spring)でした 。節分までの厳しい寒さも緩み、暖かい穏やかな日を過ごしました。慣用表現や構文の記事がご好評ですので、続きを書かせていただきます。例文を参考に、ご自身で改造して使ってみてください。本来の意味(内包されている意味)を大切にしてください。

keep in touch 連絡を欠かさない(つながっている)

I’m sure to keep in touch by mail. 必ず手紙を書くからね。(ずっと書くからね)
To keep in touch with valuable customers is the secret of a rush of business.
得意客へのまめな連絡が商売繁盛の秘訣です。

単に連絡を取るというだけでなく、継続していくというニュアンスがあります。手紙や会合が終わった別れ際などに使われることが多い表現です。

make a long story short 手短に言うと、要するに

You don’t have enough credits and seems to be less serious in my class. To make a long story short, you are in trouble to move up.
必要単位が足りず、真面目に受講しているようにも見えない、要するに、君の進級は難しいということだね。
Long story short, –
端的に述べますと・・・。(仕事の報告や論文発表のサマリーで重宝)

in a nutshell でも同じような意味で使われます。小さな栗の中にまとめるという発想です。同様の考え方は、動詞で言えば summarize、名詞で言えば abstract にもつながります。

not my cup of tea (遠回しに)私の好みではありません

This music is not my cup of tea.
この曲は好きじゃない。

紅茶の味に起因したと言われる英国発祥の言い回しです。面白い。英国以外でも使われます。あなたの好み(の紅茶)であっても、私の好み(の紅茶)ではないということです。勿論、紅茶以外、何にでも使えます。I don’t like ~ と直接的に言わず、必要に応じて遠回しに大人の表現をしてみましょう。

not so much as ~さえしない

The company that caused a scandal must not so much as apologize.
その会社は不祥事を起こしながら未だに謝罪さえない。
Not so much as an inch could be moved.
微動だにできなかった。

not so much ~ as - は別の意味(~というより-です)で使われます。区別して覚えましょう。 Kyoto is not so much a traditional city as a venture one. 京都は古都というより新産業都市です。

the more … , the more … ~すればするほど

The more I study English, the more I love it.
勉強すればするほど英語が好きになる。
The origin of the universe becomes more mysterious the more you study it.
研究すればするほど、宇宙の起源は神秘に包まれる。

「the 比較級, the 比較級」の形式は、「すればするほど益々それが大きくなる」という意味で使われます。The more, the better. 多ければ多いほどよい。というのも覚えておきましょう。

if any もしあれば(あるか無いか分からないが、もしかしてあれば)

Call me, if any, when the machine breaks.
万一、機械が壊れたら、お電話ください。
Declare, if any, (contraband goods and else).
(禁制品など)もしあれば、申告してください。

「ほとんど無いが、もしあれば」というニュアンスです。厳密な技術報告書や論文などでは使わない方が良いと思います。日常の仕事の会話や授業で使う分には支障ありません。


 
 

定番表現

Posted by Keith