構文

文法

強調構文

文中の語句を強調したいときには、特定の助動詞(do, very, so など)を使ったり、同じ語句を繰り返したり(over and over など)する方法があります。あともう1つ、構文の形を用いて強調するのが「強調構文」です。 この構文...
構文

account for

「どれくらいの割合を占める」という意味でよく使われます。論文や仕事の文書を書くときに重宝すると思います。 自動詞の account に前置詞の for を組み合わせています。句動詞の一種です。 Mountains account for ...
構文

構文(3) It takes ~ to … It costs ~ to …

It takes ~ to … 「… するのに(時間が)~かかる」 It takes two hours to cook this dish.この料理は作るのに2時間かかる。 所要時間や労力などを表現するときに用いる構文です。...
構文

構文(2) It seems that / It appears that

It seems that ~であるらしい、~であるようだ、~らしい It seems that my father is very busy today.父は、今日、とても忙しいようだ。It seems that she is n...
構文

構文(1) It is ~ to …

It is ~ to … 「 … するのは~です 」 It is important to practice everyday.毎日練習することが大切です。 It is nice to see you again.またお会いで...
構文

重要な倒置構文 (強調と慣用による倒置)

通常、英語の語順は <主語 +(助)動詞> ですが、述語動詞や目的語、補語、副詞語句などが主語の前に置かれることがあります。これを『倒置』といいます。 強調のための倒置 文の一部を強調したい時にその部分を文頭に置くことがありま...
タイトルとURLをコピーしました