前置詞(1)

temple名詞、動詞、形容詞…。皆さんは、どの品詞の単語もそれぞれのスペリングや意味、用法等を覚えて活用されていると思います。前置詞はどうでしょう?辞書を引くと、「えぇっ!こんなに沢山の意味があるの?!」と驚いてしまいます。これらを全て覚えるというのは中々難しいですよね。(+_+)

前置詞は、名詞の働きをする語句(名詞、代名詞、動名詞など)の前に置いて、その意味を補う働きをしています。

まずは、それぞれの前置詞が持つ基本的な「イメージ」をつかんでみましょう。そしてそのイメージを意識しながら多くの英文を読むうちに、きっとどんどん使えるようになりますよ。(^^)/

at :「点」「狭い空間、場所」

平面や空間の中のある一点を表します。
基本的には、特定の時間や場所を表すときに用います。

 The next train will be here at 10 o’clock.
  次の電車は10時ちょうどにここへ来る予定だ。
 I ate some sandwiches at lunch today.
  今日、昼食でサンドウィッチを食べた。
 Let’s meet up at Osaka station tomorrow.
  明日は大阪駅で待ち合わせしよう。
 I saw Bill at the supermarket in my neighbor yesterday.
  昨日、近所のスーパーでビルを見かけた。

moss他にも、「一点」というイメージから少し意味を広げて、目標や対象 ( at the target, look at …etc. )、何かに従事している状態 ( at work, at table …etc. )、感情の対象 ( be surprised at, be impressed at …etc. )といった使い方もあります。

on :「接触」

面や場所、時と接触している状態を表します。
「~の上」と訳すとだけ習いますが、実は横向きの壁や逆さを向いている天井に接している場合も ”on” を使います。( on the wall, on the ceiling )

 She found a beautiful picture on the wall.
  彼女は壁に美しい写真を見つけた。
 There is a small bug on the ceiling.
  天井に小さな虫がとまっている。

曜日や特定の日付、記念日などのカレンダー上の一点で表現できる比較的短い時間や、道路などの場所に接している状態を表すときにも “on” を使います。

 I’ll see you on Sunday.
  日曜日に会いましょう。
 His house is on Baker Street.
  彼の家はベイカー通りにある。
in :「~の中」

基本的には、空間の中にいる(ある)状態を表します。
“on” よりも長い期間の中、建物や箱などの立体的な空間の中、都市や国などの広い空間の中を表現するのによく使われます。

 A lot of flowers come out in spring.
  春にはたくさんの花が咲く。
 The boy puts his miniature car in the small box.
  その男の子はミニカーを小さな箱に入れた。
 My sister lives in France.
  私の姉はフランスに住んでいる。

他に、「dress in white 白い服を着る」、「be in love with her 彼女に恋をしている」、「in the rain 雨の中」など、様々な状態やものの「中」にいる様子を表すことができます。

 

冠詞 a / an / the

lakeside英文を読んでいると、名詞の前に a / an や the がよく出てきますよね。「冠詞」といいますが、これを上手に使い分けることで、直後の名詞の性質を示すことができるんです。
では、一体どんなときにどっちを使えば良いのでしょうか。(・・?
今回は、それぞれの特徴や用法を解説します。(^^)/

不定冠詞 a / an

具体的な1つのものを表します。
複数形や数えられない名詞のときは、使えません。

○話の流れの中で新しく(初めて)出てきたとき。

 I saw a cute dog yesterday.
  昨日、可愛らしい犬を見た。

○任意、不特定のものを指すとき。

 Do you have a pen now?
  ペンを持っていますか。(※ペンならどれでも良い。)

○職業の名前の前。(a doctor, a teacher, etc.…)

 She wants to be a doctor.
  彼女は医者になりたい。
定冠詞 the

特定のもの(人)を表します。
単数形、複数形、数えられない名詞のどれでも使えます。

○話の中で2回目以降に出てきたとき。

 The dog was playing with a boy.
  その犬は、男の子と遊んでいた。

○相手にどれのことか分かる(特定できる)とき。

 Did you close the window in your room?
  あなたの部屋の窓を閉めましたか。

○1つしかないものを指すとき(the earth, the Pacific Ocean, etc.… )

 The moon goes around the earth.
  月は地球の周りを回っている。
無冠詞 冠詞を使わない

具体的に1つのものとして捉えられないものを表すときには、冠詞を使いません。

○境界線が分からない、無いもの。

 It is a good way to save water.
  それは節水するのに良い方法だ。

○状態や役割などを表すとき。

 He goes to bed around ten every night.
  彼は毎晩10時ごろに寝る。
 My father is usually at home on the weekends.
  父は週末、たいてい家にいる。

lakeside2※この場合、”bed” はベッド自体ではなく、「寝る」行為を、”home”は「家にいる」状態を説明しています。

 

with と by

意味が似ていて、混乱する単語。今回は with と by について解説します。
「~を使って」と表現したいときに、どちらを使うか迷いませんか?
それぞれの違いを見てみましょう。(*’▽’)/

with

sunflowerwith の基本的な意味は、「~と一緒に、~と共に」です。
具体的な道具や材料などを表すときに使います。そのため、後ろの名詞に冠詞を付けます。
また、with を使う場合は、道具よりもそれを使っている人が主体の文章となります。

 I cut some cheese with a knife.
  ナイフでチーズを切った。
 Please write your name here with a pencil.
  ここに鉛筆であなたの名前を書いてください。
 I want to take good pictures with a digital camera.
  デジカメで良い写真が撮りたい。
by

gardenby の基本的な意味は、「~のそばで、~によって」です。
交通や通信、動作などの抽象的な手段を表すときに使います。そのため、その手段を表す単語の前には冠詞を付けません。
また、 by を使う場合は人よりもその手段が強調される文章となります。

 She goes to school by bicycle everyday.
  彼女は毎日、自転車で学校に行きます。
 If you have any questions, please feel free to contact us by email.
  もしご質問がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせください。
 Can I pay by credit card?(= Can I pay with a credit card?)
  クレジットカードで支払えますか。

 

白玉団子 ~ Japanese rice- flour dumplings ~

One more scroll for English version.

梅雨もすっかり明けて、夏本番。毎日とっても暑いですね~。(+o+)
そんな日には、ついついアイスクリームやかき氷を食べてしまいます。が、今日は日本の伝統的な和菓子「白玉団子」はいかがでしょう。(*^^*) 作り方は簡単!他にもきな粉をまぶしたり、冷たくしたり。。。いろいろアレンジもできますよ♪

☆ 白玉団子の作り方 ☆
材料(約25玉分)

  ・白玉粉 200g
  ・絹ごし豆腐 200g

作り方

1. 白玉粉と絹ごし豆腐をよく混ぜる。耳たぶくらいの柔らかさになればOK。
2. 一口大の大きさにちぎって、手で丸める。
3. 沸騰したお湯に、3のお団子を入れて茹でる。表面に浮いてきたら、さらに2~3分茹でてザルにあげ、冷水で冷やす。
4. お好みのアレンジをして、出来上がり。

ワンポイント・アドバイス

 ・絹ごし豆腐がない場合は、同量の水で代用できます。このとき、水は混ぜながら少しずつ加えましょう。出来上がりの食感は少し違いますがこちらも美味しいです。(^^)

<参考:みたらし団子のタレ>

 ○材料(約25玉分)
  ・醤油 大さじ2
  ・みりん 大さじ2
  ・片栗粉 大さじ2
  ・砂糖 大さじ4
  ・水 150ml

 ○作り方
1. 小さめの鍋に材料をすべて入れ、焦げ付かないように混ぜながら、弱火で加熱する。
2. とろみが付いたら、できあがり。


– Shiratama-dango (Japanese rice- flour dumplings) –

☆ Recipe of Shiratama-dango ☆
Ingredients (about 25 balls)

 ・200g of rice flour (Shiratama-ko)
 ・200g of silken tofu

Directions

1.Mix the rice flour and silken tofu well in a bowl. It’ll be O.K. when its texture becomes like your earlobes.

2. Cut it into bite-size pieces. Then make it into a ball shape.

3. Put them into the boiled water. when they float on the surface of the water, boil them 2-3 more minutes. And then, drain them in a colander and cool it with running water or water with ice.

4. Arrange them as you like and enjoy!

One-point advice

・If you cannot get the “silken tofu”, you can replace it to same amount water. Mix the “shiratama-ko” and add water little by little.

< for your reference: mitarasi-dango source >
shiratama-dango

 ○Ingredients
 ・4 table spoons of sugar
 ・2 table spoons of soy source
 ・2 table spoons of mirin (sweet sake)
 ・2 table spoons of potato starch
 ・150ml of water

 ○Directions
 1. Put the all ingredients to the small pan. Stir it constantly over low heat.
 2. When it is thickened remove it from the heat.
 3. Pour it to the “shiratama-dango” and then, ready to eat!

 

work と job

work

boatswork は普通、動詞としても名詞としても使われます。
名詞の場合は、ある目的を持ち、努力して行なう「仕事、任務、作業」や「職業、職場」という意味となります。広く仕事全般を指すことが多く(general)、抽象的です。また work は、数えられない名詞(uncountable noun)です。

 I have a lot of work to do this evening.
  今晩はやらなければならない仕事がたくさんある。
 The air conditioner in this room is not working.
  この部屋のエアコンが動かない。
 Where do you work.
  どこで働いていますか。

これは、働いている会社、場所の両方の意味で使えます。
職場や仕事を尋ねるときは、こんな言い方もあります。

 Who (What company) do you work for?
  どちらにお勤めですか。
 What do you do now?
  今、何をしていますか。(どんな仕事をしていますか。)
job

seasidejob は通常、名詞として使われます。
職業を意味する最も一般的な語で、「仕事、職、地位」などの意味があります。
職業や職務の内容を具体的に表し(specific)、多くは、その仕事に対しての報酬、給料が支払われます。また job は、数えられる名詞です。

 What is your job?
  あなたの職業は何ですか。
 I’m looking for a new job.
  私は、新しい仕事を探しています。
 Good job!
  良くやったね!(良く頑張ったね!)

 

What is ~ ? と Where is ~ ?

日本語から英語の疑問文を作るときに、what か where か、どちらを使えばよいかと迷うことがありませんか。だけど、基本に戻って頭を整理すれば、実はとっても簡単です。

「日本の首都はどこですか?」「東京です。」

例えば、こんな日本語を英語に訳したいとき、どちらを使うのが良いでしょう??

 A) What is the capital of Japan?
 B) Where is the capital of Japan?

lavender
正解は、A) です。(^^)/
It’s Tokyo. と答えられますね。

日本語では「どこ」という言葉につられて where is ~ ? を使いたくなりますが、この場合は首都である都市の名前を尋ねているので、 what is ~ ? が正解です。

では、B) はどうして使えないのでしょうか?
この文だと、日本の首都の場所(地理的な位置)を尋ねる疑問文となります。つまり、「日本の首都はどの辺にあるの?」と聞いているんです。( ゚Д゚)よって、B)に対する答えは、― It’s in the southeast of Japan. (日本の南東にあります。)のようになります。

what は、物事について「何?」と尋ねる疑問代名詞、where は、「どこ?」と場所を尋ねる疑問副詞です。この基本に戻って考えると、納得できると思います。
日本語では両方がよく似た訳ですが、英文にすると違う意味になりますので注意してください。

もう1つ、例を見てみましょう。

What is the largest lake in Japan?
 日本で一番大きな湖は、どこ(何)ですか。
- It’s lake Biwa.
  琵琶湖です。
Where is the largest lake in Japan?
 日本で一番大きな湖はどこにありますか。
- It’s in the center of Shiga prefecture.
  滋賀県の中央にあります。

こんな使い方もできますよ。(^^♪
単語が1つ変わっただけで、こんなに意味が変わります。

What is your favorite place to visit on weekends?
 あなたが週末に訪れる、お気に入りの場所はどこですか。
- It’s the ABC flower garden.
  ABCフラワーガーデンです。
Where is your favorite place to visit on weekends?
 あなたが週末に訪れる、お気に入りの場所はどこですか。
- It’s near my house.
  私の家の近くにあります。

 

比較の書き換え

tomato2
比較の文には、原級、比較級、最上級があります。通常の表現とは別に、これらは原級⇔比較級のように、相互に書き換えをすることができます。種類ごとに見てみましょう。(^^)

原級 ⇔ 比較級

比較級の文は、原級<not as ~ as ….>に書き換えることができます。
同じ主語を使う場合は、反対の意味を持つ形容詞(副詞)に書き換え、主語を入れ替える場合は、同じ形容詞(副詞)を使います。

 Tom is younger than my father.(比較級)
  トムは私の父よりも若い。
 = Tom is not as old as my father.(原級)
   トムは私の父ほど年をとっていない。
 = My father is not as young as Tom.(原級)
   私の父はトムほど若くない。
原級 ⇔ 最上級

No other … を使うと、原級と最上級も書き換えができます。「○○と同じくらい…なものはない」→「あの○○が最も…だ」となります。

 No other building in my town is as high as that one.(原級)
  あの建物ほど高い建物は、私の街にない。
  = That is the highest building in my town.(最上級)
   あの建物は、私の街で最も高い。
比較級 ⇔ 比較級

比較する2つのうち、どちらを強調したいかによって主語にする語が変わります。そんなときは主語を入れ替えて、反対の意味を持つ形容詞(副詞)を使うと元の文と同じ意味になります。

 This apple is bigger than that one.(比較級)
  このリンゴは、あのリンゴよりも大きい。
 = That apple is smaller than this one.(比較級)
   あのリンゴは、このリンゴよりも小さい。
比較級 ⇔ 最上級

比較級は「他のどの○○よりも…だ。」と表現することで、最上級の文と同様の意味になります。

 Kate is taller than any other girl in her class.(比較級)
  ケイトは、彼女のクラスで他のどの女の子よりも背が高い。
 = Kate is the tallest of all the girls in her class.(最上級)
   ケイトは、彼女のクラスの全ての女の子の中で、最も背が高い。
 Nothing is more important than time.(比較級)
  時間よりも大切なものは無い。
 = Time is the most important of all.(最上級)
   時間は全ての中で最も大切だ。

 

肉じゃが ~ Beef and potato stew ~

One more scroll for English version.

ajisai最近は、海外でもブームになっている和食。お寿司や天ぷらは有名ですよね。でも、家庭で作る、素朴な和食にも興味を持っている方が増えている、と何かの記事で読みました。
皆さんは家庭で作る和食といえば、何を思いつきますか?
今日は、代表的な家庭料理「肉じゃが」のレシピを書いてみたいと思います。

☆ 肉じゃがの作り方 ☆
材料(2~3人分)

  ・じゃがいも 3個
  ・人参 1本
  ・玉ねぎ 1/2個
  ・細切れ肉(牛 or 豚)200g
  ・糸こんにゃく 1/2袋
  ・いんげん or 絹さや 5本(お好みで)

  ・水 1/2カップ
  ・顆粒だし 小さじ1
  ・砂糖 大さじ2
  ・酒 大さじ2
  ・みりん 大さじ2
  ・醤油 大さじ2
  ・サラダ油 適量

作り方

1. 材料を食べやすい大きさに切る。
(じゃがいもと人参は乱切り、玉ねぎはくし切り、お肉は一口大に。糸こんにゃくはさっと水洗いして適度な長さにする。)
2. フライパンまたはお鍋にサラダ油を入れて熱し、肉、玉ねぎ、人参、じゃがいもを軽く炒める。
3. 糸こんにゃくといんげんを加え、水、顆粒だしと調味料を入れたら、落し蓋をして、中火で15~20分程煮込む。
4. 煮汁がほとんど無くなったら、できあがり。

ワンポイント・アドバイス

 ・じゃがいもは溶けやすいので、大きめに切ります。
 ・落し蓋が無い場合は、アルミ箔をお鍋の内径に合わせて切り取ると代用できます。
 ・出来あがってから、しばらく置くと冷めるときに味が染み込みます。(^^♪


– Niku-jyaga (Beef and potato stew) –

niku-jyagaIn recent years Japanese food has experienced a boom in the world. Sushi and tempura are well-known Japanese food, I think. There are also a lot of people who are interested in Japanese home cooking. What is the first dish coming to mind when you hear “Japanese home cooking”? Niku-jyaga is one of the Japanese homemade dish you should try!

☆ Recipe of Niku-jyaga ☆
Ingredients (2-3 servings)

 ・3 of potatoes
 ・1 of carrot
 ・1/2 of onion
 ・200g of chopped or minced beef
 (→ pork is also O.K.)
 ・1/2 bag of konjac noodles
 (→ made from konjac starch)
 ・5-6 of kidney bean

 ・1/2 cup of water
 ・1 tea spoon of instant broth granules
 ・2 table spoons of sugar
 ・2 table spoon of cooking sake
 ・2 table spoons of mirin
 ・2 table spoons of soy sauce
 ・1 tea spoon of vegetable oil

Directions

1. Cut the ingredients into bite-sized pieces.
  ・potato and carrot … chop into chunks
  ・onion … cut into wedges
  ・beef (pork) … cut into bite-size
  ・konjac noodles … wash with water and cut into 5-6 cm length.

2. Put the vegetable oil into the pan and heat it.
Stir-fry the meat, onion, carrot and potato.
Then, put them into the pot.

3. Put the konjac noodles and kidney beans into STEP 2.
Add water, instant broth granules and seasonings.
Cover with a “otoshi-buta (wooden drop lid)” directly on the food and simmer them for about 15-20 minutes.

4. When almost all the liquid is gone, it’s ready to eat.

One-point advice

・Cut the potatoes a little bigger than the others because they are easy to melt.
・If you don’t have a wooden drop lid, you can use aluminum foil.
Cut it into the inside diameter size of the pot and use as a lid.
・When all steps are done, leave it for a while. When they are getting cold they absorb seasonings.

 

類語の使い分け(2)

cake_coffee
前回に続いて、使い方の違いがよく分からなくなってしまう類語について、解説します。(*’▽’)/

はなす speak / talk / tell

speak
言葉を発する、話す。演説や講演など、相手と会話をするよりも話し手が一方的に「話す」様子を表します。改まった話、言語を話す場合にも用います。

 Could you speak more slowly?
  もう少しゆっくりと話していただけませんか。
 She spoke the truth to us.
  彼女は私たちに真実を話してくれた。

talk
相手と話し合う。相手と言葉のキャッチボール、つまり、会話をするときに使います。「おしゃべり」のような、主にくだけた感じの軽い会話の場合に用いることが多いです。

 My grandma likes to talk with her friends very much.
  祖母は彼女の友人たちとおしゃべりをするのが大好きだ。
 What are you talking about?
  何の話をしているのですか。(何言ってるの?)

tell
人に何か情報を伝える、教える。会話というよりも、話し手から相手へ一方向に話す(伝える)ときに使います。

 Please tell me the way to the Osaka station.
  大阪駅までの道を教えてください。
 Let me tell you something.
  ひと言いいかな。(言いたいことがあるんだけど。)
つくる(料理する) make / cook

make
一般的に料理をつくる。基本的には加熱するもの、しないもの両方に使えますが、刺身など熱を加えずに調理するときによく使います。

 I made salad for dinner.
  夕食にサラダを作った。
 My mother makes the breakfast for me every morning.
  母は毎朝、私のために朝食を作ってくれる。

コーヒーやスープを作る場合などは、make です。
She made a cup of coffee.  彼女はコーヒーを(一杯)淹れた。

cook
加熱して料理をつくる。火や熱を使って調理する(煮込む、炒める、揚げる等)ときに使います。

 He showed me how to cook a steak.
  彼はステーキの焼き方を見せてくれた。
 She loves cooking for her family.
  彼女は家族のために料理するのが大好きだ。

料理をするときに使う単語は色々あります。こんな単語を知っていたら、英語のレシピを見ながらお料理できるかも。(^^♪
bouquet

boil : 茹でる
steam : 蒸す
stew : 煮込む
simmer : (弱火で)ことこと煮込む
fry : 炒める

 

類語の使い分け

green-bluesky英語の勉強中、複数のよく似た意味の単語に出会って、あれ?この2つはどう違うんだろう??と困ったことがありませんか。今回は、類語の使い分けをいくつかご紹介します。(^^)/

みる see / look / watch

see
視覚的に見る。意識せずに自然に目に入ったものを見る、見える様子を表すときに使います。

 I see a lot of cars on the road.
道路にたくさんの車が見える。
I saw some birds are flying in the sky.
何羽かの鳥が空を飛んでいるのが見えた。

look
意識的に見る。静止しているものに注目するときや眺めるときに使います。

 Look at the cat sleeping on the sofa.
ソファで寝ている猫を見て。
I’ll take a look at the documents.
その書類を見ておきます。

watch
注意して見る。動いているものを観察するとき、じーっと見る様子などを表します。

 The guards were watching along the fence.
その警備員たちは柵沿いを見張っていた。
I watched a tennis game on TV last night.
昨晩、テレビでテニスの試合を見た。

garden
以上の3つは、
see < look < watch の順に注視の度合いが高くなります。(*’▽’)

きく hear / listen

hear
漠然と聞こえる。自然と耳に入って、聞こえる様子について表現するときに使います。

 Can you hear me?
(私の声が)聞こえますか。
I heard the sound of a heavy rain in this morning.
今朝、大雨が降る音が聞こえた。

listen
意識的に聴く。音楽や人の話などを聴こうとして耳を傾ける様子を表します。

 Listen to me.
(私の言うことを)聞いてください。
I like listening to classical music.
私はクラシック音楽を聴くのが好きです。